空想の恋人 - - 気楽に読める 『Love Story』 の部屋

学生時代に密かに好きだった麻美に品川で再会した僕は・・・。
MENU

NO IMAGE

スポンサーサイト

SHARE

空想の恋人 第2話 時空マジック

0   0
 飛行機の窓から果てしなく広がる雲の海を眺めながら、昨日の他愛もない、だけどとても楽しい会話を思い出していた。 数十年ぶりに会った彼女は、若い頃の面影を残しながら、大人の女が持つ美しさとゆとりを身にまとって僕の前に現れ、話して行くうちに僕たちはいつしかあの頃のふたりに戻ったような錯覚さえ感じていた。 (まいったな・・・) 羽田空港で別れ際に見た彼女は、少し潤んだ目で僕を見つめていたような気がして、...

SHARE

空想の恋人 第1話 バレンタイン・エッセンス

0   0
「ふふふ、あのさあ・・・」 彼女はそう言って覗き込むようにして僕を見て、楽しそうに笑った。「なに?変な笑いして」「やっぱ、キャベツ残してるんだ~」「ん?」「嫌いなの?」 まるで小さな子供に尋ねるみたいだ。「ははは、ばれた?」「やっぱね。学生の頃さ、みんなでよく、お昼ごはん食べたでしょ?」「ああ、ミーティングの後ね」「それでさ、とんかつ定食とか食べると、いっつもキャベツ残してたでしょ?」「ははは、マ...

SHARE

二十歳の恋愛 番外編

0   0
こちらのページで、二十歳の恋愛・番外編を公開しています。どうぞご覧ください^^二十歳の恋愛・番外編はコチラ...

SHARE

二十歳の恋愛 (75) いつかそこから(最終話)

5   0
3月になった。ポプコン関東甲信越大会が、いよいよあの渋谷エピキュラスで開催される時が近づいてきた。詩織は、アメリカに行く日程を、先方にお願いして選考会の後に設定してもらい、選考会の夜は5人で打ち上げ、そしてその翌日は、お茶の水のカトリック神田教会の傍に建つ「山の上ホテル」を予約して、最後の夜を二人で過ごすことにしていた。「衣装どうする?」渡辺が、せっかくだからステージ衣装を揃えようと提案したため、マ...

SHARE

二十歳の恋愛 (74)渋谷エピキュラスの夢

1   0
埼玉大会予選の当日がやって来た。水本たち3人は、さすが場数を踏んでるだけあって、去年の僕のように緊張した様子は全くないと思っていた。ところが・・・「緊張するな・・・」田辺が低い声で呟くと、渡辺が「ああ・・・」と真面目な顔をして答えた。僕は、そんな二人を見たら急に可笑しさがこみ上げて来て、ケラケラ笑ってしまった。「おまえ、何笑ってんだよ」「あ、いや・・・」「変なヤツ・・・」楽屋に入ると去年同様、個性...

SHARE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。